- ライダーやソロキャンパーから絶大な支持を誇るステイシー

ogawa『ステイシー』は、2004年に初代が登場してから現在まで、
居住性の良さと、コンパクトな収納を両立したテントとして細かなアップデートを重ね、
2020年には現行のサンドベージュ、カーキの2色のラインナップとなりました。

ステイシーST-IIではインナーテントがスリーブ式から吊り下げ式に変更となり、設営がスピーディーに。
10分程度で設営でき、手軽に快適な空間が手に入ります。

今回は、ogawaのロングセラーテント『ステイシー』を詳しくご紹介いたします。



・ステイシー ST-II が選ばれる理由


広い前室スペースがステイシー最大の特徴です。


インナーの設置はフックでの吊り下げ式でスピーディな設営が可能。





インナーテント前後に大きなメッシュパネルを装備。


後面にも出入口があるため、前室に荷物を収納してもテントの出入りがスムーズ。
夜間のセキュリティー対策にも。





前面左右の出入口はファスナーを開けるとフラップも同時に捲れる仕組みになっています。


換気性能の高い前後のベンチレーション。
内側はメッシュ仕様。





ライトや小物をが吊り下げられる天井部のループ。


小物の収納に便利なメッシュポケット。



ステイシーST-II の商品ページはこちら



・ステイシー ST-II のオプション

ステイシーでのキャンプを、より快適に過ごすためのオプション品をご用意しています。


AL・アップライトポール130cm

前面フラップを張り出すのにちょうどよい長さのポール。
軽く丈夫なアルミ製。


ステイシーST-II用 スタンディングテープ

スタンディングテープを使用することでフレームが自立し、フライシートのみでの設営が可能となります。
雨天時にはインナーテントを濡らさずに、設営・撤収することができます。



マルチシート 220x150用

地面とインナーテント床面との間に敷く、ポリエステル素材のシートです。
テント床面からの雨水の侵入や湿気、グランドシートの汚れやキズを防ぎます。
縫い目からの水の侵入を防ぐシームシール加工が施されています。


PVCマルチシート 220x150用

インナーテントの床下に敷くPVC素材のシート。
グランドシートを汚れや傷、湿気などから守ります。
耐水圧10,000mm以上を誇るPVC素材を、縫い目のない高周波溶着で加工。
素材・加工とも完全防水の安心仕様です。



グランドマット1522

クッション性のある10mm厚のマットで、地面の凹凸を緩和します。
優れた断熱効果で、地面の冷気や熱も遮断します。


インナーテントの下にマルチシート、またはPVCマルチシートを敷くことで浸水や汚れを防ぎます。
また、インナーテント内にグランドマットを敷くことで、地面からの冷気や硬さを和らげることができます。


ステイシーST-II の商品ページはこちら



・ステイシーST-II との相性抜群! 3つのおすすめアイテム

ステイシーと相性のよいファニチャー、グッズをご紹介いたします。


ツーアングルチェア S

背もたれは低めで、座った時のフィット感が抜群です。
座った時の高さはツーアングルチェアLとほぼ同じ。
右サイドにメッシュポケット付き。
脚の差し込み口を替えることで、約10度リクライニングします。


「ツーアングルチェアS」は、ステイシーにピッタリのサイズ感。
小さく収納できるため、持ち運びの際もステイシーのコンパクトさを邪魔しません。
また、リクライニングの際に追加パーツや工具を必要としないため、部品を失くす心配がありません。
食事にも、くつろぎの時間にも両対応できる、オススメのチェアです。




タフメッシュテーブル

熱い物もそのままのせられるテーブル
高さを2段階に調節できます(26.5cm、54.5cm)
2つ折りでコンパクトに収納できます。
ogawaロッジロゴデザイン収納袋付き。

天板はスチール製で、耐熱温度300℃。
焚き火のサイドテーブルにも最適です。
高さを変えられるので、ステイシーでのソロキャンプではロースタイルで、
ファミリーやグループキャンプではハイスタイルにしてサブテーブルとしてお使いいただくなど、使い勝手のよいテーブルです。




ハイ&ローコットワイド

収納コンパクト、高さ調整可能な人気コットに新色サンドベージュが加わりました。
脚の差込口を変えるだけで、高さを42cmと25cmの二段階に調整可能。
外付けパーツ調整ではないので、パーツを紛失するリスクがありません。

ステイシーは小型テントながら、コットで過ごすことも可能です。
インナーテント内に「ハイ&ローコットワイド」を設置することもできますが、体格によっては頭や足がインナーテントに当たってしまい、少し窮屈な印象となるため、コットをお使いの場合には、スタンディングテープを使用したシェルタースタイルがオススメです。
ベンチ代わりにもなるので、テント内での食事にもちょうどよくお使いいただけます。


ステイシーST-II の商品ページはこちら



・知られざるステイシーの歴史

これまでに発売された、過去のステイシーシリーズをご紹介します。


ステイシー

2004年発売。
小型テントながら、ゆとりの居住空間を実現した初代ステイシー。

当時のogawaのテントは、保温性を高めるために裾にスカートが付いているものがほとんどでしたが、これをあえて省き、通気性を十分に確保することで結露を大幅に軽減。
そのため、翌朝テントの乾きが早く、スムーズに撤収できるよう設計されています。
また、接地部分が少ないため、フィールドの汚れがつきにくいことも特徴です。
キャンプ場での滞在時間が短いツーリングや、キャンプ場を移りながらの連泊を想定して作られたテントです。

ステイシー II

2008年発売。
ジョイントモールド式のポール構造で、セッティング時には一体化する新システムを採用。
インナーテントが初代のスリーブ式から吊り下げ式に変更となり、スピーディーに設営できるようになりました。
また、セルフスタンディングテープが同梱されており、インナーの単独使用やフライシートのみでシェルターとしても使用可能に。
さらに、インナーテント底面には防水性の高いライトPVCを採用したデラックスモデルです。


ステイシー ST

2011年発売。
前室、インナーテントの全高を10cm上げることで居住性を高め、さらに各部の素材・構造を見直し、軽量化、低価格化を実現しました。
インナーテントの上部はスリーブ式になっています。

ステイシー ネスト

2017年発売。
シリコン撥水加工のリップストップポリエステル20dn生地を採用し、幕体を約30%軽量化。
収納もコンパクトになった、ライトウェイトモデルです。






現行のステイシー ST-IIは、2015年発売。
2020年にカラーをリニューアルし、現在に至ります。
ライトウェイトモデルを除くと、4代目。

初代から受け継がれる居住性とコンパクトさはそのままに、これからも進化を続けていきます。


ステイシーST-II の商品ページはこちら

ページトップへ戻る